歴戦の師匠でも号泣する

歴戦の師匠でも号泣する

皆さん、「カクテル」のことを考えてみないかい?それほど難しく考える疑問は無い気がするんだ、「シュウマイ」に関してはね。

寒い休日の晩に散歩を

働き始めて間もないころ、よく理解していなかったので、ちょっとしたトラブルを誘発してしまった。
罪の意識を感じることはないといってくれたお客さんだが、お詫びの仕方も考え出せず、涙が出てきた。
お客さんが、エクセルシオールのマキュアートをプレゼントと言いながらくれた。
トチって2つも頼んじゃってさ、と言って別の種類の飲み物2つ。
長身で、痩せててすっごく豊かな表情をした女性。
申し訳なかったな、と思い出す。

風の無い水曜の深夜にこっそりと
めちゃめちゃスイーツが好きで、ケーキなどをつくります。
普通に手で頑張って混ぜて、型に入れオーブンで焼いて作成していたけれど、ここ最近、ホームベーカリーで作成してみた、めっちゃ手軽でした。
娘にも食べさせるので、ニンジンを細かくして混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養が摂取できるようにもしています。
砂糖やバターが少なめでもニンジンやかぼちゃの甘さがあるので、喜んで口にしてくれます。
最近は、スイーツ男子なんて言葉もメディアで言っているから普通だけれど、大学の頃は、お菓子を自分で作っているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
近頃は、そんな男が増えたねとも言われてそれも寂しい。

雲の無い土曜の夜は窓から

営業に行くと、三日くらい泊まり込む時がある。
その最中は、充実感はあるけれど、とても気を張っているので、毎日2時間睡眠。
起床予定時間の相当前にもかかわらず、眠いのに目が覚めてしまう。
けれど、家に帰ってきたときの解放感は幸せだ。
真剣に遊ぶし、快眠だし、食べる。

気分良く吠える彼と冷めた夕飯
少年はとてもひもじかった。
もう少しで夏休みという頃、小学校から元気よく下校している時だった。
蝉ももう大きな声で鳴いていて、日光は強く、夕方にもかかわらず、まだ太陽は沈みそうになかった。
少年は汗をかきつつ一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するのがほとんどだけど、今日はめちゃめちゃお腹が減っていたため、早いとこ帰ってとにかく何か食べたかった。
少年が狙っているのは、昨日の夕食のカレーの残り。
昨夜のカレーは、まだ鍋に少し残っていた気がする。
ご飯もおそらく、余りが冷蔵庫にあるはず。
少年は早くカレーを食べようと、早足で家へ向かった。
すると顔からは汗が一段と出てきた。

悲しそうに走る子供と私

友人とお昼時に約束をしていた。
福岡駅の待ち合わせスポットになっている大きめのテレビ画面の前。
そこで、30分くらい遅刻すると連絡がきた。
大きいテレビの前は合流スポットなので、待ち人も時間が来ると去っていく。
スマートフォンで音楽を聴きつつ、その様子を見ていた。
それでもくたびれて近所のPRONTに入って、アイスティーを飲んでいた。
30分たって、友達がごめん!と言いながらやってきた。
今日のお昼は?と聞くと、パスタにしようと言った。
ホットペッパーを見てみたけれど、入りたい店を探せなかった。

よく晴れた日曜の深夜に読書を
盆だとしても本家から外れていたらとたいして思い知らされることがないが、せめて、仏前のお菓子くらいはと思い生家へ買って送った。
本家に暮らしていたら、香を握りしめて祖の歓迎におもむいて、お盆のしまいに送り出しに行くのだが、別れて住んでいるので、そう実行することもない。
隣近所の人達は、香を握りしめて墓前に行っている。
かような光景が目に触れる。
日常より墓前の近くにはたくさんの車が停車していて、お参りの人も非常にたくさん目にとびこむ。

気どりながら歌う彼女とオレ

あまりない事だけれど、心が折れそうな感じになってしまい、何をしていても集中できなかった。
大きな訳はなく、なぜか悲しくなったり、全部無意味に感じられたりした。
そんな中、急に仕事がはいった。
その上年に一回の外での式典で立派な案件だった。
精神状態を理由にしては良いとは言えないので我を忘れて真剣になっているうちに元の軽い気持ちに戻ってきた。
そういえば、苦しかったときは、お昼に陽の光を浴びたりしなかったと思う。
お昼に外に出ることも必要かもしれないと思うようになった。

熱中して熱弁する家族と月夜
職場で着るジャケットを手に入れに向かった。
コムサ等フォーマルなところも良いけれど、109も有りだと思う。
気が強そうで活発な女性向けの服屋で体のラインが出る服が多い。
金額はテナントによって差があるのはもちろんだが、大体はリーズナブル。
中で、購入する物を探していたが、小さめの物が多く売られていた。
着用後、少しは色っぽく見える気もする。
良い感じのショッピングが達成できて、とっても満足感があった。

天気の良い祝日の夜明けにシャワーを

業務のためにいくつかスーツに合うYシャツを所持しているけれど、毎回選ぶ時に多く着てみる。
これくらい、ワイシャツにこだわるのも変わっているかと思うようになっていた。
でも、営業先で、シャツはオーダーでと言っていた方がいたので、非常に驚いた。
けれど、シャツだけでカッコよく見えるので、いいかもと感じた。

余裕で話す家族と月夜
暑い時期らしいことを特にやっていないが、仲のいい人と日曜日、コテージをかりてBBQを行う。
夏の定番だが、まれに、息抜きになる。
男があまりいないので、とてもたくさん火をおこしたり準備をしないとな。
特に、バーベキューの準備が、女性だと苦手な人がたくさんなので、してあげないと。
だけれどたぶんみんなでビールをがぶがぶ飲むその時は、アルコールをほどほどにするように気をつけよう。

お役立ちサイト&関連サイト紹介です。


単身引っ越し格安.com
最安値の引越し会社さんは?単身引っ越しでも料金が違う?安い引越屋の見つけ方。それは無料見積り比較。

先頭へ
Copyright (C) 2015 歴戦の師匠でも号泣する All Rights Reserved.